徒然の記

日々の雑感や趣味の事など気の向くままに。奈良県から発信してます。

間伐木の選木

f:id:minamimoto0613:20191222170340j:image

前回の間伐から約15年サイクル的には間伐時期が来てるのですが材価低迷で迷ってたのですが間伐調査に入りました。

下から見上げる限りではあまり太くなってないように見えていたのですが入ってみると思ったより太くなってました。やはり間伐は必要ですね。

ただこのこの山林は地面の下が大きな岩倉になってるためか材長は思ったより伸びてないように思う。

f:id:minamimoto0613:20191222170818j:image

久しぶりに持つ調査動画達。 今日中に終わらる必要もないし、何より経費をかけられないから私1人だけ。1人だと休憩とらないし昼も食べたらすぐ動くので 行動時間は長くとれます。その分山登りがゆっくりなのですが😅

f:id:minamimoto0613:20191222171231j:image     f:id:minamimoto0613:20191222171249j:image     f:id:minamimoto0613:20191222171315j:image

山に来た時間も遅かった事もあり半分ほど選木して終了。残りは来年かな。

f:id:minamimoto0613:20191222171449j:image

↑どの木を残してどう空間を確保するか? 1人だとこの判断に迷うと時間かかってしまうのです。

 

 

 

カメラロール

ここ最近のカメラロール。

f:id:minamimoto0613:20191007193034j:image

ザクロ。食べるとこほとんど無いんだけどね😅

久しぶりに食べました。

f:id:minamimoto0613:20191007193119j:image   f:id:minamimoto0613:20191007193142j:image

何カマキリなんだろうか? この季節になるとよく見かける。

 

f:id:minamimoto0613:20191007193228j:image    f:id:minamimoto0613:20191007193247j:image

こちらもカマキリ。

 

f:id:minamimoto0613:20191007193319j:image

立派な蛾。これも名前わからず😅

 

f:id:minamimoto0613:20191007193418j:image   f:id:minamimoto0613:20191007193442j:image

散歩中に見つけたカエル。緑のカエルみるとテンション上がるw

 

f:id:minamimoto0613:20191007193543j:image

アケビと思う。まだ早いですね。

 

ふらっと立ち飲み

f:id:minamimoto0613:20190930185526j:image

 Twitterをウロウロしてたら気になるアカウントを見つけた。

奈良市もちいどの商店街の中にある魚知水産さんhttps://mobile.twitter.com/uotomosuisan

魚屋さんなのですがアップされてる魚が全て美味しいそうなので一度行ってみたいと思ってました。

9月28日土曜に魚が完売したので翌日の29日は11時から立ち飲みをするとのツイートを見つけこれは行かねば!と思い行ってきました。

f:id:minamimoto0613:20190930190106j:image

 

店はそんなに大きくありませんが木質の内装が清潔感を出していてぱっと見魚屋さんらしくない造り。

飲食店な感じでしたね(^^)

 

なんせ初めてだしお一人様だし緊張の入店😅

 

カウンターには美味そうな料理が並べられてました。

サバの味噌煮、タチウオの塩焼き、南蛮漬けなどなど! いやこれは迷うというか全部食べてみたいw

惣菜も気になったのですが今回はお刺身を中心にオーダー。

f:id:minamimoto0613:20190930190646j:image  f:id:minamimoto0613:20190930190722j:image  f:id:minamimoto0613:20190930190747j:image

 

ヒラマサの刺身、サワラの炙り、ネギアナゴ。

これに炊き込みご飯のおにぎりと生ビール。 

贅沢お昼御飯となりました。

また機会があれば訪れてたいお店でした。

立ち飲みは不定期らしく次のタイミングがいつ合うかなぁ。

 

 

東向き通りはたまに歩きますが餅飯殿まではあまり足を運ぶことないのですが雰囲気のある商店街なのでまたゆっくり散策するのも楽しいかも。ほかに気になるお店何軒かあったし。

 

 

 

 

 

山歩き

f:id:minamimoto0613:20190503161110j:image

 

令和最初の山歩き。

この時期は新緑が目に優しいですな。

f:id:minamimoto0613:20190503161205j:image    f:id:minamimoto0613:20190503161228j:image

タラ芽は遅かったようです。 この木は高枝切りバサミでも届かない…  

 

f:id:minamimoto0613:20190503161402j:image    f:id:minamimoto0613:20190503161420j:image   f:id:minamimoto0613:20190503161444j:image

 

f:id:minamimoto0613:20190503161508j:image    f:id:minamimoto0613:20190503161535j:image   f:id:minamimoto0613:20190503161601j:image

 

幹にびっしりと苔がついた山椒の木。こうなると風格あります。

 

f:id:minamimoto0613:20190503161717j:image

何処も手入れが遅れている人工林多いですな。

 

f:id:minamimoto0613:20190503161801j:image    f:id:minamimoto0613:20190503161817j:image

 

古いけど食べられた動物の骨がしっかり残ってました。ネズミの骨でしょうか?

 

f:id:minamimoto0613:20190503161946j:image   f:id:minamimoto0613:20190503162007j:image   f:id:minamimoto0613:20190503162024j:image

松の木についてたキノコ。猿の腰掛の幼菌でしょうか?

楽しい一日を過ごせました。

 

山の履歴書

f:id:minamimoto0613:20190216184832j:image

 

山の中にプラスティックの棒(↑写真参照)や切株に巻かれた古い針金を見つける事があります。

これ人工の絞り丸太を切り出した跡なんです。

植林した木を育てていくには手入れが必要になります。しかも収穫までの時間が長い。

その間の資金をどうするかはとても大事な問題です。

そこで床柱などに使用される絞丸太です。植林後比較的短い時間での収穫が可能ですし、何より高付加価値の商品である。(木材価格が高い時代のお話ではありますが)

ということもありよく造られていたようです。

 

山林経営としはこれから長い育林のためには資金が必要ですから絞丸太や磨丸太で売り上げをつくることは当然の選択されるます。ただここでポイントとなるのが将来どういう山を造るのかという明確なビジョンを持っているかどうかだと思います。

絞丸太や磨丸太などは形状が非常に良い木のほうが高くうれます。ここで目先の売り上げだけを見て施業してしまえば将来の優良木がなくなってしまう。このバランスが大事なんですね。

 f:id:minamimoto0613:20190216184957j:image    f:id:minamimoto0613:20190216185047j:image

 

そんな豆知識があればこそですが今残されてる痕跡や木々の状態を考えながら山林を眺めるとまた違った見え方がするかもしれませんね。 

天然林と比べて単調な感じがする人工林もそんな風に見るのも面白いと思います。

 

その山林の履歴を推理するのも人工林を歩く楽しみ方ですね。

 

人工林を歩く

天然林に比べて杉や桧の人工林は変化に乏しいし、増えすぎた鹿の影響もあって植生も豊かではない。

そんな人工林ですが人がどう関わってきたのかを想像しながら山をみてみるといがいと面白かったりします。山歩きしてて自分なりに感じたことを徒然に書いてみます。

f:id:minamimoto0613:20190212214601j:image

 

吉野地方は密植と言って苗と苗の間隔を狭くして面積当たりに植える本数を多くします。そうする事によって横に太るのを制御し、光を求めて上に伸びようとするので樹高が高くなります。また密植により光が当たらない下の枝は枯れていきます。杉は枯れた枝は自然落ちるので下の方は枝がありません。

f:id:minamimoto0613:20190212215221j:image      f:id:minamimoto0613:20190212215301j:image

仕立ての違いによって林相が変わるのでそんな違いを見ながらの山歩きもまた楽しいです。

主人は誰?

f:id:minamimoto0613:20181027175525j:image

山林を歩いていると動物の痕跡に出会う。

でもここから主人を推理する力がない。

この足跡はだれだろうか?

f:id:minamimoto0613:20181027175727j:image

これは猪が掘り起こした跡かな?

 

f:id:minamimoto0613:20181027175831j:image

以前に来た時も同じ場所にしてあった。

マーキングなのか?

f:id:minamimoto0613:20181027180007j:image

これは緩くなってますね。

f:id:minamimoto0613:20181027180110j:image

この糞はあまり大きくない。

 

姿を見ることはなかなかありませんがこのような痕跡を見てると山歩きの楽しみ方が増えます。